株式会社 ミオ・コーポレーション

非接触バイタル生体センサーのミオ・コーポレーション

見守りベッドセンサーシリーズ

見守りベッドセンサーシリーズ
接続方式によって6種類をご用意しました。
  • LS-101B:Bluetooth
  • LS-102B:ZigBee
  • LS-103B:920MHz特定小電力無線
  • LS-104B:USBケーブル
  • LS-105B:接点信号
  • LS-106B:Wifi

お手持ちのパソコンやタブレット端末を通して電子メール等への情報発信を行えます。このユニットだけでお手持ちのパソコンやタブレット端末を通して電子メール等への情報発信を行えます。セットアップは付属の専用ソフトをお手持ちのパソコン、タブレット端末にインストールする事で簡単に行えます。

製品仕様(本体仕様)LS-10シリーズ

センサー
24GHz帯マイクロ波ドップラー方式センサを2個使用
中心周波数
typ.24.125(GHz)
アンテナ
4素子 x2、送受分離型平面アンテナ
電源(外部より供給)
DC Jack接続ケーブル付
電源電圧
5(V)±10%
消費電流
typ.180(mA)
外形
W=340mm、H=64mm、D=18mm
外部インターフェース
Bluetooth Version 2.1 EDR準拠(LS-101)
ZigBee(LS-102)
920MHz特定小電力無線(LS-103)
USB接続(LS-104)
無電圧a接点(LS-105)
Wifi接続(LS-106)
重量
380g
Bluetooth
使用Profile:Sirial Port Profile
検出感度調整用ボリューム
検出感度調整用スイッチを内臓。(-)ドライバーで調整。
設置場所
ベッドマットおよびマットレスの下(マットの厚さは10Cm以上30Cm以下)
その他特記事項
電源投入後、動作が安定するまでに約30秒間必要です。
動作入力電圧範囲
90Vac – 264Vac
標準入力電圧範囲
100Vac – 240Vac
周波数
50/60Hz
出力電圧
4.75V≦Vout≦5.25V
無負荷時の出力電圧
4.75V≦Vout≦5.5V
定格(最大)出力電流
1000mA

LS-10シリーズの取付位置

LS-10シリーズの取付位置
  • ls10_201505b_s
  • ls10_201505a_s
備考
  • ベッドのマットの上面より30cm以内推奨、ただしゲイン調整で若干距離延長可能。
  • 設置位置は胸の直下でベッドの長手方向と直角にし、中央に設置。
  • 呼吸、脈、体動の3つのバイタルデータで総合的に離床または看取りを感知しますので、判定に若干の時間が掛かります(数秒~数十秒、設定可能)。ただし、体動を元データとしてセンサー内部で脈・呼吸データをフィルタリングしていますが、体動データを優先に初動を感知する使い方もでき、その場合の反応時間は瞬時(1秒以内)です。よって転倒防止用にベッド上での瞬時の体動感知用に有効です(体動の変化量調整可能)。
  • 体動無し、脈あり、呼吸ありの褥瘡(床ずれ)状態感知センサーとして有効。褥瘡状態の感知としては例えば脈・呼吸はあるが2時間体が動いていない場合にアラームを鳴らす(通知する)等対応可能。
お問い合わせ

高齢者介護支援システムやバイタル生体センサー等の製品情報や技術情報に関するご質問・ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Mail:info@mio-corp.co.jp
  • メールは24時間受付中です。
  • 営業時間:月~金曜日 9:00~17:30