株式会社 ミオ・コーポレーション

非接触バイタル生体センサーのミオ・コーポレーション

見守りルームセンサーシリーズ

見守りルームセンサーシリーズ
接続方式によって6種類をご用意しました。
  • MS-101:Bluetooth
  • MS-102:ZigBee
  • MS-103:920MHz特定小電力無線
  • MS-104:USBケーブル
  • MS-105:接点信号
  • MS-106:Wifi

製品仕様(本体仕様)MS-10シリーズ

センサー
24GHz帯マイクロ波ドップラー同式センサー 高感度型
中心周波数
typ.24.125(GHz)
アンテナ
8素子x2、送受分離型平面アンテナ
電源(外部より供給)
DC Jack接続ケーブル付
電源電圧
5(V)±10%
消費電流
MS-101, MS-104, MS-105, Typ 0.18A / MS-106, Typ 0.4A「消費電流は通信モジュールにより多少変わります」
外形
W=133.5mm、H=1212mm、D=26mm
外部インターフェース
Bluetooth Version 2.1 EDR準拠(MS-101)
ZigBee(MS-102)
920MHz特定小電力無線(MS-103)
USB接続(MS-104)
無電圧a接点出力(MS-105)
Wifi接続(MS-106)
重量
236g(本体160g+ACアダプタ76g)±5g「重量は通信モジュールにより多少変わります」(接点信号ケーブルを除く)
Bluetooth
使用Profile:Sirial Port Profile(SPP)
検出感度調整用ボリューム
検出感度調整用スイッチを内臓。(-)ドライバーで調整
設置場所
8畳までの部屋の天井の角
その他特記事項
電源投入後、動作が安定するまでに約30秒間必要です。
動作入力電圧範囲
90Vac – 264Vac
標準入力電圧範囲
100Vac – 240Vac
周波数
50/60Hz
出力電圧
4.75V≦Vout≦5.25V
無負荷時の出力電圧
4.75V≦Vout≦5.5V
定格(最大)出力電流
1000mA

MS-10シリーズの取付位置

MS-10シリーズの取付位置
introduction02c introduction04c
備考
  • センサー設置の前方直下にあるベッド、またはソファーの位置での呼吸、脈のセンシング可能。
  • 呼吸、脈ともセンシンング距離はtyp2.5m。ただし体動は約8畳(4m×4m×高さ2.5m)の広さまで感知します。弊社の非接触バイタル生体センサー(見守りセンサー)は脈、呼吸、体動を同時にセンシングして 判断可能なので、約8畳(4m×4m×高さ2.5m)の広さまで、脈無し、呼吸無し、体動無しのAND条件の時、対象の方が部屋に不在か部屋で亡くなっておられる状況として感知ができます。
  • 室内に不在の場合と亡くなった場合の区別がつかない為、ドアセンサーか確認用のカメラとの併用をお勧めします。
  • 基本的にセンサーと人間は1対1ですが、小型のペットが同居の場合別途ご相談下さい(センシングに影響のある場合があります)。
  • 推奨の広さは約8畳(4m×4m×高さ2.5m)までです。
  • 徘徊感知機器として有効です(TAISコード取得予定)。
  • 異常時にネットワークカメラと併用で、遠方からの確認ができます。通常はプライバシーの関係でカメラはオフにしておきますが、a接点入力のあるカメラとMS-105(有線a接点出力タイプ)との併用で、離床(部屋に居ない)か亡くなられた場合にセンサーの信号を受け、自動的にカメラが動作開始し同時に自動的に異常発報メールを送ることができます。

ネットワークカメラの用意もしていますので、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

高齢者介護支援システムやバイタル生体センサー等の製品情報や技術情報に関するご質問・ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

  • Mail:info@mio-corp.co.jp
  • メールは24時間受付中です。
  • 営業時間:月~金曜日 9:00~17:30