NHK「おはよう日本」

2016年5月19日

2016年5月19日にNHKの「おはよう日本」で弊社非接触バイタル生体センサーを組み込んだ介護ロボットが放送されました。

このロボットは奈良県産業振興総合センターとホームケアー株式会社が共同開発をしました。弊社バイタルセンサーをロボットに搭載する事により、対象者のバイタルデータを取得する事が可能となっています。

介護業界は人手不足が慢性的な状態であります。理由としてはスタッフ一人の労働負担が大きいからです。少しでも労働負担を抑える為、夜間巡回をロボットで行うシステムを導入しました。

ロボットにカメラ、バイタルセンサーを搭載する事により管理室(PCモニター)から状態を知る事が可能となっております。介護業界は人手不足が慢性的な状態であり、理由としてはスタッフ一人の労働負担が大きい事です。

労働負担を抑える為、夜間巡回をロボットで行うシステムを導入致しました。ロボットにカメラ、バイタルセンサーを搭載する事により管理室(PCモニター)から状態を知る事が可能となりスタッフの負担低減を目的とされ導入されました。またコミュニケーション補強としても活用用途があり入居者様から、施設様からも愛される存在となっております。