CO2センサー新規採用事例

2021年7月12日

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社様が展開する感染症対策BCPソリューション「magickiri CO2」に弊社CO2センサーが採用されました。

magickiriとは、、、
最新の研究結果とmagickiri上で取得された行動データを専門家の助言のもと判断基準やアルゴリズムに反映し、Planning・Monitoringのシステムを継続的にアップデートします。magickiriを利用することで、感染症に関する情報収集に労力を割くことなく、最新の科学的知見やデータに基づいた感染症対策を実施することができます。

magickiri CO2とは、、、
『CO2センサー+ディスプレイ+スタンド』カンタン設置3点セット製品

設置メリット

飲食店
店舗入り口に設置する事で入店を考えているお客様に店内の空間データを見える化提供&感染症対策を実施する事で、お客様に安心安全な環境を提供する事が出来ます。
オフィス
会議室に設置する事でCO2濃度を見える化する事で効率的な会議を行える事が期待されます。1,000ppmを超えると集中力が下がるといわれており1,000ppmを基準に休憩、室内換気をする事でより良い会議を行える可能性が上がります。
幼稚園、塾など
不特性多数が集まる室内ではCO2濃度がすぐに上昇する傾向があります。学校基準では1,500ppmを超えないようにと定められいます。学校同様こどもが密集する室内でも1,500ppmを超えないよう取り組む事で感染症対策&集中力向上、すなわち学習力向上に期待出来ます。

magickiri CO2お得情報

(1)補助金活用で実質~3万円で導入!

(2)新宿区の店舗なら実質0円で導入!


「magickiri」及び「magickiri CO2」は、ピクシーダストテクノロジーズの商標又は登録商標です。